注釈をクリックすると、こちらに表示されます。








(注1)『女子高生江戸日記』:現代から江戸に召喚された女子高生と、火盗改妖異組が江戸の街で織りなす英傑譚。様々な妖異の事件を解決していく彼らは、閻羅王ヒミコの策謀に立ち向かう。著者:加納正顕






(注2)ぼたん:『女子高生江戸日記』に登場する妖怪絵師の少女。火盗改妖異組に属しており、自らを救ってくれた楊敬次郎を殿様と慕う。PL:渋沢佳奈






(注3)荒深正太:『大江戸妖怪絵巻』に登場する少年陰陽師。自称シャーロック・ホームズの弟子であり、八百八町遊撃隊という少年少女の自警団を率い、江戸の治安を守るため奔走している。涼太郎の兄貴分に当たる。PL:重信康。






(注4)楊敬次郎:『女子高生江戸日記』に登場する火盗改の与力。火盗改妖異組を率いている。かつては尚歯会に属した蘭学者であり、南町と浅からぬ因縁を持つ。PL:小太刀右京






(注5)《剣禅一如》:判定の結果をクリティカルに変更する、剣客の奥義。






(注6)《妙計奇策》:判定の結果をファンブルに変更する忍者と十手持ちの奥義。






(注7)《一件落着》:その絶大な権力をもって、社会的な望みをひとつ叶える天下人の特技。






(注8)《一気呵成》:シーン内の任意の場所に移動する、あるいは防御判定をクリティカルにする巨神と秘剣使いの奥義。