注釈をクリックすると、こちらに表示されます。








(注1):鳥居要蔵の側室。高位の天狗であり、江戸天狗と鳥居家の契約として鳥居の元へ嫁いでいた。妖異の人形繰り、妙によって殺害され操られていたが、英傑たちによって救われ、愛宕山へと埋葬される。






(注2)本所の涼太郎:江戸の少年少女自警団“八百八町遊撃隊”の少年。亜弥や軋羽の友人である。妖異の人形繰り、妙によって操られ殺害されかけたが、英傑たちの活躍によって一命を取り留める。






(注3)本庄辰輔:闇の仕置人や江戸天狗衆を纏める天狗。人斬りに堕ちていた自身に生きる道を与えた鳥居に心酔している。蘭学嫌い。






(注4)化政学園:正式名称は『化政学園の冒険!!』。サプリメント『時空破断』に掲載。生徒数12,000人を誇る巨大学園、化政学園にて繰り広げられる英傑たちの活躍を描いた、いわば学園パラレル的なステージである。このステージには、今までのパーソナリティーやリプレイのキャラクターも多数登場している。






(注5)化政学園の高野:改造バイクと二挺拳銃を武器とする、天才不良高校生。幼馴染の徳山ケイ(PL:しのとうこ)に密かな想いを抱いている。蘭学サークル“尚歯会”を教頭の鳥居に潰されたことから、鳥居とは仲が悪い。PL:すがのたすく






(注6)『化政学園の冒険!! −プリンセス・トクガワ−』:化政学園ステージを舞台とした天下繚乱リプレイ。徳川家の末裔、徳川宝七郎こと徳山ケイ率いる怪盗たちが、奪われた徳川の宝を取り戻すために学園生徒会とバトルを繰り広げる。著:加納正顕






(注7)花井虎一:黒衣衆総司令。蘭学者でありかつては尚歯会に所属していたが、自らが耽溺するガラス工芸の研究のため、尚歯会を売り、鳥居耀蔵へと寝返った男。(『快刀乱麻』パーソナリティー)






(注8)大久保古河守利真:江戸幕府老中。鳥居耀蔵を疎ましく思っており、鳥居失脚のために部下の軋羽を黒衣衆へ潜入させていた。人形繰りの妖異・妙は、大久保を“すべての妖異を総べる者”と語る。






(注9)《頼むぜ相棒》:相棒や部下が攻撃を援護することで、様々な属性のダメージを与える白波の特技。






(注10)蘭学者:西洋諸国から伝わった学問を修め、最新の科学や医療を操ることができるクラス。






(注11)江戸っ子:粋といなせの心意気、江戸の文化に染まった人間を指すクラス。






(注12)青龍:特に単体に大ダメージを与えることに特化した、4種類の基本クラスのひとつ。






(注13)《負けず嫌い》:負けず嫌いであるがゆえに、ひそかに努力をしていることを表す江戸っ子の特技。能力基本値を上昇させる。






(注14)エレキテル鋸:内蔵した発電機により鋸状の歯を回転させる蘭学装備。今で言うチェーンソー。






(注15)《巨大誂え》:武器を巨大に改造することで、扱いにくくなる代わりに威力を増大させる蘭学者の特技。






(注16)幻術使い:異国から伝わるとされる、幻を用いて他者を惑わす忍びを表すクラス。






(注17)《水天の術》:大量の水を呼び寄せ相手を押し流す幻術使いの特技。ダメージを与えた後に任意の方向へ強制移動させる。






(注18)《浮刃乱舞》:武器にかりそめの命を与え攻撃させる幻術使いの特技。






(注19)天狗:古来より日本の山深くに住まい、生者と死者の境界を守ってきた天狗であることを意味する種族クラス。






(注20)白虎:白虎の加護を受け、人々を守り、仲間の盾となって戦う英傑であることを表すクラス。






(注21)《苦痛耐性》:耐久力が上昇する白虎の特技。






(注22)《遠隔防御》:離れた位置にいる仲間を庇う、白虎の特技。






(注23)渡世人:犯罪者や博徒、ヤクザ者を表わすクラス。度胸と侠気、不屈の闘志で戦う。






(注24)白波:弱気を助け、強気を挫く盗賊を表すクラス。独自の美学を追求する、誇り高きプロフェッショナル。






(注25)《一点張り》:財産ポイントを消費してダメージを上昇させる渡世人の特技。






(注26)《盗賊働き》:盗賊稼業、あるいは相棒の助けなどにより、シナリオ中に追加の財産ポイントを得る白波の特技。






(注27)《外道働き》:攻撃のダメージを増やす代わりに十手持ちから受けるダメージも増える白浪の特技。盗みの三カ条を守らぬ凶悪犯であることを表す。






(注28)十手持ち:江戸の治安を守る同心や岡っ引きであることを表すクラス。






(注29)東雲:『妖異暗躍譚』シリーズに登場した黒衣衆の青年NPC。鳥居の腹心のひとりとして、PCたちと妖異の事件へと立ち向かった。






(注30)例の件:現在好評発売中のリプレイ『義経変生譚』(著:三輪清宗)を参照のこと。蘇った源義経を巡り、日本全土を震撼させる陰謀と闘いが繰り広げられる超時空大河活劇である。






(注31)鵜殿守綱:南町奉行所与力。世襲の与力の家柄であり、有能かつ保身の達人である。妖異の存在は知らない。)