注釈をクリックすると、こちらに表示されます。








(注1)忠耀:鳥居耀蔵の諱。耀蔵は通称である。






(注2)《秘蔵の蘭書》:舶来の書物を所持していることを表す蘭学者の特技。【理知】が上昇する。






(注3)《盗賊働き》:盗賊稼業、あるいは相棒の助けなどにより、シナリオ中に追加の財産ポイントを得る白波の特技。






(注4)《名将の指揮》:判定のダイスを振り直させる玄武の特技。






(注5)《天を砕く者》:判定のダイスを振り直させる朱雀の特技。






(注6)エンゲージ:ゲームにおける距離、およびエリアを表現する単位。射程が“至近”(素手や刀)の攻撃が可能な範囲に他のキャラクターが存在する場合、そのキャラクターと同一エンゲージにいる、もしくはそのキャラクターとエンゲージしている、と表現される。






(注7)《鎖帷子》:鎖を連結した、着物の下に身につけることが出来る防具。ただし行動値が下がる。







(注8)セットアッププロセス:ラウンドの最初に発生するプロセス。キャラクターは全員未行動となり、セットアップで使用できる特技の宣言などが行える。






(注9)イニシアチブプロセス:[未行動]のキャラクターの中で、誰が次のメインプロセスでアクションを行うかを決定するプロセス。最も行動値の高いキャラクターがアクションを行うこととなる。






(注10)オートアクション:マイナーアクションやメジャーアクションを使用することなく、宣言のみで行える行動。






(注11)《天狗変》:天狗に変身し、【行動値】や【回避値】を上昇させ、飛行状態になる天狗の特技。






(注12)マイナーアクション:メジャーアクションの直前に行うことができる行動。マイナーアクションで使用できる特技の宣言や、アイテムの使用、戦闘移動などが行える。また、マイナーアクションとメジャーアクションと合わせた一連の行動を、メインプロセスと呼ぶ。






(注13)メジャーアクション:マイナーアクションの直後に行う主要なアクション。特技を使用し、攻撃をはじめとした様々な行動を行うことができる。






(注14)ファンブル:自動失敗。2D6のダイス目がファンブル値(通常は2)以下の場合、その行動は自動的に失敗となる。






(注15)《援護防御》:他者の身代わりになって自分がダメージを受ける白虎の特技。






(注16)クリンナッププロセス:ラウンドの終了時に発生するプロセス。様々な効果の終了・継続の処理や、クリンナップで使用できる特技の宣言などを行える。






(注17)《玄武の癒し》:範囲(選択)の対象の【HP】を回復する玄武の特技。






(注18)《地を薙ぐ者》:マイナーアクションで使用する、攻撃対象を範囲に拡大する朱雀の特技。






(注19)《頼むぜ相棒》:相棒や部下が攻撃を援護することで、様々な属性のダメージを与える白波の特技。






(注20)《出端挫き》:相手の注意を逸らし、判定の達成値を低下させる十手持ちの特技。






(注21)《挟み撃ち》:敵を挟み撃ちにすることでダメージを上昇させる白虎の特技。






(注22)《剛落撃》:両手武器を用いて渾身の一撃を放つ青龍の特技。






(注23)《軍神の気》:射程内のキャラクターが行なった攻撃の対象を範囲(選択)に変更する玄武の特技。






(注24)クリティカル:自動成功。2D6のダイス目がクリティカル値(通常は12)以上の場合、その行動は自動的に成功となる。






(注25)《嵐の心》:正義の心を力に変えてダメージを上昇させる青龍の特技。






(注26)《緊急指令》:自分の行動を消費して、1シーンに1回だけ他人を行動させる玄武の特技。